Mi Bandでメールの通知が受け取れなくなった件

iOSのバージョナップなのか、はたまた、Miアプリの問題なのかよくわからないのだけど、以前は、想定通りに動いていた、iPhone標準メールアプリ着信通知を、なぜだか、Mi Bandで受け取れなくなっている。

iOSの通知やメールの設定を見返して問題になりそうな箇所はなく(ってそもそも通知されていたし)、でも、困っていたので回避方法を。

別のメーラで通知を受ける

まったくもってイケてない回避方法になるのだけど、Outlookアプリをインストールして、そちらで(も)通知するように設定。

とりあえず、Mi Bandへの通知はOutlook側からされる。

iOS15でセキュリティ強化、GoogleビジネスやAndroid端末状況まで影響がある!そしてFacebookがくしゃみする

いやー、気がつきませんした。おそらく、Androidは、今回のiOSのセキュリティ強化な機能は導入できない感があります。

タイトルで「セキュリティ」と記述しましたが、正確には「プライバシー」です。今回のiOSの進化が、仮にAndroidにも実装されなくても、Androidが危険ということではない点は明記しておきたいと思います。

次期、iOSではセキュリティ強化が更に進むということは知っていました。位置情報の共有なんかは、アプリが動いている時だけに設定しやすくなったりと、Appleのセキュリティ強化が進行しているのは実感できていたと思います。

たしかに、勝手に(ではないのだろうけど)個人情報が漏れている感はありますよね。AndroidではなくiPhoneをつかうことで、その気持ち悪さを少しでも払拭できるのであれば、スマホ戦争的には、プラスに働くという判断のもと、Appleはプライバシー強化しているのだと思います。では、なぜ、Androidに実装されないのでしょうか?

GoogleはiPhoneのような実装をAndroidにできない

プライバシー強化は Google のビジネスモデルの根幹、広告に大きな影響をあたえます。というのも、Googleの収益の75%以上はオンライン広告に依存しています。

Googleに限らずインターネット広告がそれまでの広告と一線を画していたのは、やはりターゲティングです、効果のありそうな人に集中して広告配信することで、ムダ打ちをしないといったより効果の高い広告を実現できたり、限定的な広告配信することで、限られた予算で広告出稿できるというメリットがあって一気に流行ったのは今更説明不要だと思います。

今回のiOSのプライバシー強化は、ターゲティングはしにくくなるということです。それにより、オンライン広告のメリットが薄れるということが意味します。

75%以上の収益を広告に依存しているGoogleが、オンライン広告のメリットが薄れるような実装を、自社のデバイスにできるわけがないと思うのは当然です。

よって、Androidでは、従来通りのオプトインの方法で個人情報は、オンライン広告事業者をふくめ、個人情報を取得しようしている企業に対して提供しつづけることになると思います。

そしてFacebookがくしゃみする

Google同様、Facebookも収益の大部分を広告に依存している企業です。その比率はなんと95%越え、オンライン広告の効果が収益に直結するわけですから、iOSのプライバシー強化の影響が少なからずあるはずです。

いたちごっこなのでは?という意見

初期段階においては、その通りかもしれません。iOSのプライバシー強化が行われれば、それを回避する方法を発見して、今まで通りのターゲティング広告が可能かもしれません。でも、それは、短期的な事象であり、プライバシー強化を促進しているAppleとしては、そういった回避方法についても対応することは容易に想像できます。
結局は、iOSデバイスユーザーのプライバシー強化がすすんでいくということを防ぐことはできないと思われます。

そして日本は、驚異的なiPhoneシェア

世界的に見れば、ガラケー時代だけでなく、スマホ時代においても、日本はガラパゴスになりました。スマホのマーケットシェアで、iPhoneがここまでAndroidに差を付けて国は日本だけです。ちなみに、iPhoneの世界的シェアは25%前後、75%はなんらかのAndroidだと思って間違い無いです。

さぁ、この状況。1年後、2年後がどうなっていくのか今から楽しみです。